まちづくりの挑戦

進捗状況と今後の展望

Mission

裾野に住みたい

​住み続けたい希望に応える

施策.1

地域の歴史・文化 ・コミュニティを生かした

コンパクト+ネットワークのまちづくり

岩波駅と裾野駅周辺の計画的な整備

進捗状況

岩波駅

岩波駅上り線ホームの新設とエレベータ設置(バリアフリー化)などの工事は、令和2年11月末に完了し、駅および駅周辺の安全性・利便性が向上しました。

まち1.png

岩波駅エレベータ入口周辺の状況

裾野駅

裾野駅西口駅前ロータリーは、令和3年3月に供用開始されました。

ekimae.JPG

裾野駅前ロータリー周辺の状況

桃園平松線

部分開通した桃園平松線(スルガ銀行南 側)沿線には市民要望 の多い公園(駅西公園)も整備されます。目に見えて工事が進捗しています。

桃平線.png

道路新設工事の状況

今後の展望

SDCC.png

SDCC構想関連No.①

ウーブン・シティ周辺整備と地域との融合

ウーブン・シティの玄関口となる岩波駅周 辺整備は、SDCC構想でも最重要の課題です。岩波地区整備計画研究会(H14)や深良地域 まちづくりグランドデザイン(H32)等のアイディアを参考に「市北部地域まちづくり基本構想」を策定し、民間活力を積極的に導入しながら具体的な取り組みに着手します。現在、地域住民や企業の皆様とともにワークショップを行い、ありたいまちづくりについて活発な話し合いが行われています。

まち4.png

岩波駅周辺の整備イメージ図
(H14)
岩波地区整備計画研究会報告書より

拠点間を結ぶ公共交通網の整備

進捗状況

コンパクトシティ+ネットワークの指針となる地域公共交通網形成計画を策定し、地域の皆さんと共に、地域の実情に合 わせた公共交通の在り方を検討するためのガイドライン(考え方)をマニュアルとして策定しました。

今後の展望

SDCC.png

SDCC構想関連No.③

誰もが移動しやすい交通環境の整備

地域の皆さんとともにデマンドタクシーボランティア運送の導入を検討したり、 SDCC参画企業の皆さんとともに未来技術による新しいモビリティ(人の移動手段)の可能 性を研究していきます。

施策.2

民間活力と連携し​た宅地供給の促進

市街化調整区域の土地利用 (線引きの見直し)

進捗状況

御宿新田の市街化調整区域を、 職住近接の防災スマートシティとするため、住居系の市街化区域に編入(いわゆる線引きの見直し)しました。

今後の展望

SDCC.png

SDCC構想関連No.①&④

ウーブン・シティ周辺整備と地域との融合

令和3年には98区画の住宅と商業施設、緑地を備えた職住近接の防災スマートシティが創出されます。

今回の開発で得られたノウハウを、市内の他地区(例:深良地区のまちづくり構想など)にも展開し、住みたい・住み続けたい希望に応えます。

まち 5.png

​民間活力による住宅地の創出(完成イメージ)